top of page

アップルが時価総額1位に復帰


アップルは、時価総額でマイクロソフトを抜いて世界トップの座に返り咲きました。この出来事は、人工知能(AI)分野でのアップルの地位と成長に対する投資家の期待が高まっていることを示しています。アップルの株価は最近急上昇しており、新しいAI機能「アップル・インテリジェンス」の発表がその原動力となっています。このAI機能は、数年にわたるアップグレードサイクルを促進し、iPhoneの需要を喚起する可能性が高いとされています。


アップルのAI機能「Apple Intelligence」について


プライバシーを重視したAI:

Apple Intelligenceは、A17 ProとMシリーズの半導体に対応しています。これにより、オンデバイスで処理されるため、ユーザーの個人情報を保護しながら、質問に答えたり文章や画像を生成したりすることができます。


OSの機能として使えるAI文章ツール:

メールなどの文字を入力するアプリで、テーマに合わせた文章の生成やリメイク、校正などができます。これにより、ユーザーは効率的にコミュニケーションを行えます。


Siriが本当のAIアシスタントになる:

新しいSiriは、より自然な対話が可能で、過去のやりとりの文脈を覚えています。さまざまなタスクに対応できるようになりました。音声アシスタントとしての機能が向上しています。


アップル版画像生成AIも登場:

「Image Playground」という機能を使って、テーマやコンセプトを指定して画像を生成できます。ユーザーはクリエイティブなプロジェクトに活用できるでしょう。


iPhoneの通話時に使えるAI要約機能:

電話アプリでも録音、文字起こし、内容の要約ができるようになりました。会話の要点を把握しやすくなります。

これらの機能は、アップルのユーザー体験をさらに向上させることでしょう。



AI関連銘柄が再び注目されている理由



成長期待の強いAI関連の中小型株:

日経平均株価が4万円台突入を目前としている中、投資家は成長期待の強いAI関連の中小型株に注目しています。

生成AIと先端半導体は、2024年の世界で成長神話を築き上げており、市場の方位磁針はこの最強テーマに向いています。


米国のAI関連銘柄の爆発的な人気:

米国を起点とするAI関連銘柄の人気は東京市場にも伝播しています。

特に画像処理半導体(GPU)大手のエヌビディアは、AIのポテンシャルを秘めた企業として急上昇しており、時価総額でグーグルやアマゾンを抜いて第3位に浮上しています。


AIバブルの拡大:

AI関連銘柄はバブル的な色合いを帯びているとされていますが、成長モデルが描ければ足もとのPERは不問といえるため、投資家はAI関連銘柄に期待を寄せています。


日本のAI関連銘柄も注目:

日本でもAI関連銘柄が増加しており、IPO初値が公募価格を大きく上回る銘柄が相次いでいます。


AI関連銘柄は今後も注目されるテーマであり、投資家にとって興味深い分野です。


エッジAI関連銘柄:

ラピダス: エッジAI向け半導体の開発で、米半導体開発の新興企業「テンストレント」と協業しています。

エムスリー(M3): 医療領域でのAI活用に注力しており、成長が期待されています。


生成AI関連銘柄:

エヌビディア(NVIDIA): 画像処理半導体(GPU)大手で、AIのポテンシャルを秘めた企業として急上昇しています。

ソフトバンクグループ: AI関連投資を行っており、成長分野に注力しています。


これらの銘柄は、AI技術の進化と成長に伴い、今後も注目されることでしょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page