top of page

グリーン成長戦略


グリーン成長戦略とは、太陽光発電やバイオ燃料などの「グリーンエネルギー」を積極的に導入・拡大することで、環境を保護しながら産業構造を変革し、ひいては社会経済を大きく成長させようとする国の政策です。これは、経済成長と環境適合をうまく循環させるための産業政策です。この戦略により、日本は2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目指しています。


グリーン成長戦略では、産業政策・エネルギー政策の両面から、成長が期待される14の重要分野について実行計画を策定し、国として高い目標を掲げ、可能な限り、具体的な見通しを示しています。また、こうした目標の実現を目指す企業の前向きな挑戦を後押しするため、あらゆる政策を総動員しています。


具体的には、

エネルギー関連産業として、洋上風力・太陽光・地熱、水素・燃料アンモニア、次世代熱エネルギー、原子力があります。


輸送・製造関連産業としては、自動車・蓄電池、半導体・情報通信、船舶、物流・人流・土木インフラ、食料・農林水産業、航空機、カーボンリサイクル・マテリアルがあります。


家庭・オフィス関連産業としては、住宅・建築物・次世代電力マネジメントがあります。資源循環関連とライフスタイル関連も含まれます。


カーボンニュートラルを実現するためには、CO2を排出しない再生可能エネルギー(再エネ)の導入(グリーン)に加えて、省エネルギーなどでCO2排出量を減らしていく着実な「低炭素化」(トランジション)、「脱炭素化」に向けた革新的技術(イノベーション)への投資が必要です。また、電力部門のCO2排出原単位をゼロにする、つまり電源の脱炭素化が前提になります。


脱炭素化に向けた革新的技術には、CO2を排出しない再生可能エネルギー(再エネ)の導入(グリーン)に加えて、省エネルギーなどでCO2排出量を減らしていく着実な「低炭素化」(トランジション)、「脱炭素化」に向けた革新的技術(イノベーション)への投資が必要です。例えば、「人工光合成」は、化石燃料からの脱却など、脱炭素化を実現するためのキーテクノロジーです。また、革新的な原子力技術の開発も脱炭素化に役立つとされています。さらに、業種横断的に、大幅な省エネルギーを実現する革新的な技術の開発が促進されています。

閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page