top of page

ドコモがマネックス証券を子会社化




ドコモがマネックス証券を子会社化する理由


ドコモの金融サービスの強化

ドコモは、dポイントやd払い、dカードなどの決済サービスを展開していますが、マネックス証券との連携により、投資分野にも本格参入します。d払いアプリを通じて、初めての方にも手軽で簡単な資産形成サービスを提供する予定です。


ドコモの顧客基盤がマネックス証券にも活用

ドコモは、約9600万人のdポイント会員を持っており、そのデータをマネックス証券と共有することで、一人ひとりに最適な商品の提案や金融CRM(Customer Relationship Management)の構築が可能になります。


ドコモショップなどが投資情報や金融教育の場となる

ドコモは、オンラインメディアや全国のドコモショップを通じて、投資に関する情報や教育コンテンツを提供する予定。これにより、お客さまの投資知識や金融リテラシーの向上を支援します。


新しいテクノロジーや金融商品が開発される

ドコモは、web3や生成AIなどの新しいテクノロジーを活用して新しい証券サービスを開発することを検討しています。また、マネックス証券は、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)などの先進的な金融商品の開発・販売にも取り組んでいます。


ドコモとマネックス証券の提携は、様々な証券会社のサービスやビジネスモデルに変化をもたらす可能性があります。




携帯電話各社が金融分野への進出を進める戦略


・携帯電話利用料の徴収スキームやポイント運用プログラムなど、保有する戦略資産を活用しながら、効率的に事業を展開することへの期待があります。


・幅広い年代にまたがった巨大な顧客基盤を活かし、新たな収益源を得て成長を図ることが狙いです。


・金融サービスの軸に据えているのは、強みとする携帯電話徴収スキームやポイントサービスと親和性が高いスマートフォン決済サービスです。


・銀行や証券、保険や資産運用などの金融サービスにも参入しています。


スマートフォンを入り口とするUI/UX(入力や表示などの顧客接点の仕組みや使い勝手、そのサービスで得られるユーザー体験)に強みを持ちます。


・金融機関との提携や合弁、出資などで、金融サービスの提供体制やノウハウを整えています。


・新しいテクノロジーや金融商品の開発にも取り組んでいます。



携帯電話各社は、通信と金融の融合によるビジネス拡大の可能性を見据えています。

通信と金融の融合によるビジネス拡大の可能性は、高いと言えるでしょう。



通信と金融は、生活に直結するインフラとして欠かせない存在

スマートフォンやインターネットを通じて、金融サービスを手軽に利用できるようになれば、顧客の利便性や満足度が向上します。


通信と金融は、お互いに強みを持つ分野

通信は、幅広い年代にまたがった巨大な顧客基盤やデータを持ち、UI/UX(入力や表示などの顧客接点の仕組みや使い勝手、そのサービスで得られるユーザー体験)に強みがあります。金融は、資金移転や資金供与、リスク移転や資産運用などの機能を持ち、金融機関との提携やノウハウを持ちます。


通信と金融は、新しいテクノロジーや金融商品の開発

web3や生成AIなどの新しいテクノロジーを活用して新しい証券サービスを開発することや、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)などの先進的な金融商品の開発・販売することで、市場のニーズに応えることができます。




他のキャリアは、金融分野への進出を進めるために、以下のような取り組みをしています。


・楽天は、楽天銀行や楽天証券などの金融サービスを自社で提供しており、楽天ポイントや楽天ペイなどの決済サービスと連携しています。また、楽天カードや楽天保険などの金融商品も展開しています。


・ソフトバンクは、PayPayやPayPay銀行などの決済サービスを軸に金融サービスを展開しています。また、SBI証券やLINE証券などの証券サービスや、LINE保険やPayPay保険などの保険サービスも提供しています。


・KDDIは、au PAYやau WALLETなどの決済サービスを強化しており、au じぶん銀行やauカブコム証券などの金融サービスと連携しています。また、auカブコム証券では手数料無料化やAI投資アドバイザーなどの新しいサービスを提供しています。




通信と金融の融合は、両者の強みを生かして、次世代の資産形成サービスを創出し、個人の資産形成を社会的に推進することができる可能性があります。今後の展開に注目が集まります。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page