top of page

ブラックフライデー


ブラックフライデーの歴史


ブラックフライデーという用語は、最初に1869年の金融危機を指すために使われました。当時、ウォール街の金融業者が金市場を操作しようとして失敗し、株式市場が暴落しました。

ブラックフライデーが消費者のセールの日として使われるようになったのは、1961年にフィラデルフィアで始まりました。感謝祭の翌日に行われる陸海軍のフットボールの試合に先立ち、大勢の観光客や買い物客が街に殺到し、交通渋滞や万引きなどの混乱を引き起こしました。警察官がこの日をブラックフライデーと呼んだのがきっかけです。


小売業者はこの言葉に不快感を示し、ブラックフライデーが小売業者にとって黒字になる日であるという意味を付け加えるようにしました。また、感謝祭の翌日は多くの人が休みになることから、クリスマスプレゼントの買い物を始める日としても定着しました。


ブラックフライデーはアメリカだけでなく、カナダやイギリス、オーストラリアなどの国々でも行われるようになりました。日本でも2014年からブラックフライデーのセールが開催されるようになりました。日本では感謝祭の習慣がないため、11月の第4木曜日の翌日ではなく、勤労感謝の日や小雪に合わせて実施されることが多いです。


サイバーマンデーとは

アメリカで感謝祭(11月の第4木曜日)の翌週の月曜日に行われるオンラインの大規模セールのことです。オンラインのクリスマス商戦の初日とも言われており、多くのECサイトなどで大々的なキャンペーンが実施されます。サイバーという名称は、インターネットでショッピングをすることに由来しています。



ブラックフライデー後の株価の動きについては、いくつかの要素が影響を及ぼす可能性があります。まず、ブラックフライデーの売上が予想以上に強い場合、景気の強さへの評価よりも金利上昇懸念の再台頭が株価に影響を与える可能性があります。逆に、消費が思った以上に鈍ければ、金利上昇懸念は雲散霧消し、景気減速が示唆される中ながらも、株価には追い風となる可能性があります。


また、オンライン経由での売上動向も重要なポイントです。2021年のブラックフライデーから、オンライン経由の売上はそれまでの2ケタ成長から数%の伸びにとどまっているとの分析がなされています。これが2023年のブラックフライデーにおいて、より顕著なものとなるのか、反転して再び増加ピッチが加速するのか、それを見極めることが重要となります。



ブラックフライデーの動向は日本企業にも影響を与えます。米国景気に連動する「グローバル型の景気敏感株」はその代表格となります。また、小売業態の構造変化という観点においては、米国の流れが国内にも波及・浸透するかどうかが気になるポイントとなります


ブラックフライデーとサイバーマンデーの売上動向


ブラックフライデー:2021年のブラックフライデーからサイバーマンデーまでの期間中、Shopifyストアのオーナーたちは世界全体で実に合計63億米ドルもの売上を達成しました。これは2020年から実に23%の伸びを記録しました。


サイバーマンデー:一方、サイバーマンデーの売上について具体的な数字は見つかりませんでしたが、一部の調査では、ブラックフライデーとサイバーマンデーの両方で買い物をする予定の人は41%、ブラックフライデーで買い物をする予定は49%、サイバーマンデーで買い物をする予定の人は9%と報告されています。


これらの統計から、ブラックフライデーの方がサイバーマンデーに比べて売上が高い傾向にあることがわかります。ただし、これらの傾向は年々変化しており、特にオンラインショッピングの普及により、サイバーマンデーの売上も増加している可能性があります。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page