top of page

上昇継続か?このまま下落か?        過去の7月の株式相場の特徴



7月の株式相場は以下のような特徴があると言われています。



・7月は夏枯れ相場と呼ばれ、市場の取引量が減り、相場の動きが鈍ることが多い。


・政府や日本銀行の政策発表によって市場が揺れることがある。特に、アベノミクスの導入   以降は、政策発表の影響が大きくなっている。


・夏のボーナスの影響:夏に入ると、多くの企業が従業員にボーナスを支払います。この影響で、娯楽や消費財株などが上昇する傾向がある。


・7月には日本株ETFの決算(分配金)が集中することも大きな特徴の一つである。


・米国の7月相場格言「サマーラリー」とは、7月4日の米国独立記念日から9月第1月曜の労働者の日までの夏場にかけて、株価が上昇しやすいアノマリーがある。


・日本の7月相場格言「七夕天井天神底」とは、7月7日の七夕までは株価上昇しますが、大阪で天神祭が行われる7月25日前後に向けて株価が下落するというアノマリーがある。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page