top of page

成長が期待できる再生医療業界


再生医療とは、細胞や組織、器官などの機能を回復させることを目的とした医療技術のことです。再生医療には、細胞治療、組織工学、免疫療法、遺伝子治療などが含まれます。再生医療は、がんや神経難病、心臓病などの難治性の疾患に対する有効な治療法として期待されています。



市場規模が拡大している要因


・再生医療の技術革新や製品開発が進んでおり、多くの臨床試験や承認申請が行われていま   す。

 

・再生医療の需要が高まっており、特に高齢化社会や新型コロナウイルス感染症の影響で慢性的な臓器不全や免疫不全などの患者数が増加しています。


・再生医療の規制や制度が整備されており、特に日本では再生医療等製品安全性確保法や条件付き早期承認制度などが導入されています。


・再生医療の周辺産業が育成されており、特に細胞培養装置や細胞原料供給などの基盤技術やサービスが充実しています。



再生医療の技術革新


・3Dプリンターを使って、細胞や組織、器官などを作製する技術


・血管や骨軟骨などの再生医療製品を開発しているサイフューズは、3Dプリンターで細胞を積層して立体的な組織を作製する技術を持っています。この技術は、患者自身の細胞を用いて移植拒絶反応のリスクを低減したり、臓器不足の問題を解決したりすることが期待されています。


・皮膚や横隔膜などの再生医療製品を開発している東京大学や福岡大学などは、3Dプリンターでたんぱく質の微粒子や細胞の塊を積み重ねて立体的な組織を作製する技術を持っています。この技術は、治りにくい傷や呼吸不全などの治療に用いることが期待されています。


・肝臓や心臓などの再生医療製品を開発している京都大学や富士フイルムホールディングスなどは、3DプリンターでiPS細胞やES細胞などの多能性幹細胞を用いて立体的な臓器を作製する技術を持っています。この技術は、臓器移植の代替手段として用いることが期待されています。


3Dプリンターを使った再生医療製品は、さまざまな分野で開発されており、医療の革新に貢献する可能性があります。



・遺伝子治療とは、遺伝子の異常や欠損が原因となる病気に対して、正常な遺伝子を導入することで治療する技術


・体細胞遺伝子治療:患者の骨髄や血液などから取り出した細胞に治療用の遺伝子を組み込んでから体に戻す方法です。この方法では、治療の影響は患者自身に限られます。例えば、造血幹細胞遺伝子治療は、この方法によって行われます。


・体内法遺伝子治療:患者の体内で直接治療用の遺伝子を導入する方法です。この方法では、ウイルスやナノ粒子などをベクターとして利用します。例えば、AAVベクター遺伝子治療は、この方法によって行われます。


・ゲノム編集:患者の細胞のDNAを特定の箇所で切断し、修復することで遺伝子を改変する方法です。この方法では、CRISPR-Cas9やZFNなどの分子ツールを利用します。例えば、がんやHIV感染などに対するゲノム編集治療は、この方法によって行われます。



免疫療法とは、がんや感染症などに対して、自己免疫系を活性化させることで治療する技術


・免疫チェックポイント阻害剤:免疫細胞のブレーキ機能を抑えることで、がん細胞への攻撃力を高める薬剤です。例えば、オプジーボやキイトルーダなどがあります。


・CAR-T細胞療法:患者から採った免疫細胞にがん細胞を認識する遺伝子を組み込んでから体に戻す技術です。例えば、キムリアやヤスカルタなどがあります。


・光免疫療法:がん細胞に特異的に結合する抗体と光感受物質の複合体を注射し、近赤外光を照射することでがん細胞を死滅させる技術です。例えば、アスピリンなどがあります。




まとめ 


再生医療の技術革新は多岐にわたっており、さまざまな難治性の疾患に対する希望となっています。再生医療の市場規模は、世界的に急速に拡大しており、再生医療市場は、2022年に478.1億米ドルの市場価値から、2030年までに2,106.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に23.6%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予想されています。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

介護保険

תגובות


bottom of page