top of page

日本ハイテク株の活躍と金融政策の影響





日本株の現状

年金基金のリバランスによる売り圧力が一服したものの、市場は一時的な調整局面を迎えています。しかし、国内の信託銀行はまだ売り越しの状況にあり、海外投資家も13週ぶりに現物を売り越しとなっています。これらの動きは、市場全体としては一時的な調整局面と言えるでしょう。


ハイテク株の活躍:半導体株が市場を牽引

半導体大手マイクロンの売上高が市場予想よりも少ない落ち込みとなり、その結果、半導体株が日経平均を押し上げています。特に、東京エレクトロンやアドバンテスト、ルネサスエレクトロニクス、村田製作所、SUMCOなどの5銘柄の半導体株が一日の売買代金の20%近くを占めています。


ドル/円の動向:外貨投資の視点

日本と米欧の金融政策の方向性の違いから、ヘッジファンドの円売りドル買いと個人の逆張りの力比べが見られます。このような状況下では、ボラティリティが上がるため、リスク管理をしっかりと行いながら為替投資を行うことが求められます。


百貨店業績の好調な理由

インバウンドの数は戻らないものの、一人あたりの支出は大幅に増加しています。これは株高の資産効果による高額消費の伸びが寄与している可能性があります。特に、小売ではPoplar Co., Ltd. (7601)は2023年初から35%の価格上昇を示しており、小売、百貨店セクターの中でも割安な企業を見つけるのも良いのではないでしょうか。

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page