top of page

日本株市場の上昇背景と円安相場崩壊のリスクについて



 日本株上昇の背景:

  • ファンダメンタルズや企業業績、割安感(PER、PBR)、収益性(ROE)は日本株市場の上昇に影響を与えています。

  • 特に円安(ドル建て日経平均)は、大型製造業など円安の恩恵を受けやすい銘柄の価格を押し上げています。

  • AIの牽引による短期筋の買いも上昇要因となっています。しかし、円安トレンドが崩れれば日本株市場全体も崩れる可能性があります。


投資家の心理とAIの役割:

  • バンク・オブ・アメリカの調査によると、投資家心理は依然として弱気で、世界景気の減速局面への懸念が存在します。

  • しかしながら、AIは企業の利益を押し上げるとの見方が強いため、AI銘柄は逆風の中でも上昇を見せています。


中小型成長株の状況とAIの影響:

  • アメリカ市場の影響を受け、中小株への物色が広がっています。

  • 松井証券の指摘によれば、AI関連銘柄を中心に中小型の成長株が買われ続けています。


日本株市場の売買シェアとファンダメンタルズ:

  • 日本株市場の売買シェアの約70%は海外投資家が占めていますが、長期的なファンダメンタルズは特に良好とは言えません。


短期筋の動向と円安相場のリスク:

  • 日本株が上昇した主な理由は、短期筋(商品投資顧問、超高速取引業者)の購入行動によるところが大きいです。

  • しかしながら、円安相場のリスクも指摘されており、米国の経済鈍化や利下げ期待の高まりから、円安ドル高トレンドが崩れる可能性があるとの見方が出ています。


以上の分析から、円安相場の崩壊リスクに備えることが必要となります。

このリスクを管理するためには、市場の動向を注意深く監視し、適切なリスク対策を講じることが求められます。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page