top of page

気候変動について



気候変動は、気温および気象パターンの長期的な変化を指します。これらの変化は太陽活動の変化や大規模な火山噴火による自然現象の場合もありますが、1800年代以降は主に人間活動が気候変動を引き起こしています。

具体的には、二酸化炭素(CO2)をはじめとした人為的な温室効果ガスの排出が地球温暖化を引き起こしたことが科学的に確認されています。


気候変動による影響は広範で、世界各地で感じられています。

例えば、アフリカでは洪水や暴風雨、干ばつが増加しており、アジアでは洪水や暴風雨が問題となっています。ヨーロッパでは暴風雨や熱波が影響を及ぼし、南アメリカやカリブ海域では洪水や暴風雨が発生しています。日本でも海面水温上昇などが報告されています。


気候変動はほぼすべての持続可能な開発目標(SDGs)と密接に関わっており、私たちの生活や環境に大きな影響を及ぼしています。緩和策と適応策の両方が必要であり、私たちの行動が未来の地球に影響を与えることを意識して取り組むことが重要です。



世界での異常気象


世界各地で異常気象が発生しており、気候変動の影響が顕著に現れています。以下は最近の異常気象の一部です。


ヨーロッパの高温:ヨーロッパ西部では背の高い高気圧により、顕著な高温が記録されています。例えば、イギリス東部のコニングスビーでは最高気温40.3℃を観測し、最高気温の記録が更新されました。


地中海周辺の猛暑:ヨーロッパ南部を中心に地中海周辺地域で顕著な高温が続いています。イタリア南部シチリア島のカターニアでは最高気温44.4℃を記録しています。


ヨーロッパ中部の洪水:寒気を伴った上空の低気圧により、ヨーロッパ中部で大雨が発生し、広範囲で洪水が報告されています。


北半球の顕著な高温:ヨーロッパ東部からロシア西部、カナダ西部、米国北西部で顕著な高温が続いています。カナダのリットンでは日最高気温49.6℃を記録し、最高気温の記録が更新されました。

気候変動の具体的な事例


氷河の減少:気温上昇により、世界中の氷河が急速に減少しています。ヒマラヤ山脈やアンデス山脈の氷河は、数十年で大幅に縮小しており、水資源や生態系に影響を及ぼしています。


海面上昇:気温上昇に伴い、氷河や氷床の融解が進み、海面が上昇しています。これにより、低地の沿岸地域が浸水し、住民や生態系に影響を及ぼしています。


極端な気象イベント:ハリケーン、台風、洪水、干ばつなどの極端な気象イベントが増加しています。これらは気候変動によるものであり、被害をもたらしています。


森林火災:気温上昇と乾燥が原因で、世界中の森林火災が増加しています。オーストラリアやアメリカの西海岸などで大規模な火災が発生しています。


海洋酸性化:二酸化炭素の排出により、海洋のpHが低下しています。これはサンゴ礁や貝類などの海洋生物に影響を及ぼしています。


これらの事例は、気候変動の深刻な問題を示しており、国際的な協力と持続可能な対策が求められています


日本の発電エネルギーの構成において、再生可能エネルギーは重要な役割を果たしています。2022年度の日本の年間発電電力量に占める自然エネルギー電力の割合は約24%です。以下は主な自然エネルギーごとの割合です:


太陽光発電: 10.6%

水力発電: 7.7%

風力発電: 0.9%

バイオマス発電: 5.1%

地熱発電: 0.3%


これにより、日本は再エネ発電設備容量で世界第6位、太陽光発電では世界第3位となっています。今後は2030年までに再生可能エネルギーの割合をさらに向上させる方針であり、カーボンニュートラルを目指す取り組みも進められています3。持続可能な社会の実現に向け、再生可能エネルギーの普及が重要です

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page