top of page

福岡で開催!世界水泳の経済効果



福岡市で開催されている世界水泳選手権の経済効果は、約540億円と見込まれています。


福岡市は、世界マスターズ水泳選手権も含め、約40万~50万人の来場を見込んでいます。新型コロナウイルスの影響で2度の延期を強いられた中、ようやく開催にこぎ着けた形で、傷ついた地域経済の回復につなげ、「フクオカ」を再び世界にアピールしようと、関係者の期待も高まっています。


福岡市は、世界水泳選手権2023福岡大会を通じて、地域の企業と連携し、最先端のテクノロジーを活用することで、競技をより分かりやすく、より楽しめる革新的な大会を目指しています。また、福岡市の特徴であるコンパクトな都市構造を生かし、大会環境はコンパクトながら大会価値の最大化の実現に向け、特設プール等を活用し、コンパクトなエリアに競技会場やマーケットストリート等を集約することで、選手の移動負担の軽減、大会全体の盛り上げ、効率的な大会運営を目指しています


今回の大会では、最先端のテクノロジーが活用されています。株式会社ビーブリッジが提供するVR、AR技術が採用され、大会に参加するすべての人に、テクノロジーで「安全」「安心」「スムーズ」「ワクワク」を提供している。また、大会コンセプト「WATER MEETS THE FUTURE」の実現に向けて、革新的なテクノロジーを活用した世界水泳の新たなスタンダードをつくるため、民間事業者から優れたノウハウや提案を幅広く募集し、意見を伺うサウンディング型市場調査(対話)が実施されています。


現在、スポーツ界では、人工知能(AI)が幅広く活用されています。東京オリンピックの開催の影響もあり、スポーツ業界におけるAI活用推進の動きが強まっています。2022年のFIFAワールドカップでも、AI技術によるVAR判定システムが活用されました。他にも、試合中・観戦・マネジメント・パーソナルトレーニングなど、活用の範囲はとても広いです。特に、画像認識やデータ分析は各種スポーツとの相性が良いため、今後さらなる普及が期待されています。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page