top of page

米国債の引き下げについて


2023年8月2日、格付け会社フィッチ・レーティングスは、アメリカ国債の格付けを、財政悪化や債務負担への懸念を理由に、最も信頼度が高い最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げた。フィッチ・レーティングスは、過去20年間にアメリカのガバナンスの「着実な低下」がみられたと指摘された。国債の格付けは投資家たちにとって、政府に資金を貸すことにどれくらいのリスクがあるのかを判断する基準となっています。



フィッチ・レーティングスの「AAA」格付けは、債務発行者に与えられる最高の格付けであり、信用力が高く、投資家に対する返済能力が最も強い投資適格債に与えられます。「AA+」格付けは、非常に低い信用リスクを伴い、発行者が強い返済能力を持つことを示しています。これら2つのレベルの違いは、信用リスクの程度にあると言われています。



前回のアメリカ格付け引き下げは、2011年8月に、債務上限でオバマ政権と共和党がギリギリで合意した際、財政再建策が不十分だとして、格付大手のS&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が引き下げて以来、12年ぶり2度目でした。当時は金融市場が動揺し、世界的な株安となりました。



格付けが引き下げられると、その企業や国の信用リスクが高まるとみなされます。これは、投資家にとって、その企業や国に資金を貸すことにどれくらいのリスクがあるのかを判断する基準となります。格付けが低いと、投資家の関心を引くためには利回りを高くする必要があります。また、格付けが低い企業や国は、資金調達が困難になる可能性があります。



3大格付け会社


ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングス。

これらの会社は、政府や企業の信用力を評価し、その債券に格付けを与えます。格付けは、発行者の財務力、債務返済能力、デフォルトの可能性などの要因に基づいています。各会社には独自の格付け尺度と方法論がありますが、一般的には文字と数字の組み合わせを使用して発行者の信用力を表します。高い格付けはデフォルトのリスクが低いことを示し、低い格付けはデフォルトのリスクが高いことを示します。これらの会社は、世界的な金融市場で重要な役割を果たしており、その格付けは政府や企業が借り入れる際の金利に影響を与えることがあります。ただし、信用格付けは信用力の保証ではなく、時間の経過とともに変化することがあることに注意する必要があります。

閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page