top of page

自動車産業のEVシフトでの影響


2040年までの自動車市場の長期トレンドでは、CO2ネットゼロ化がパワートレーンに大きな影響を与えると予測されています。従来型の内燃機関車の販売台数は、2030年にピークアウトする可能性が示されており、電動車の普及が重要な要素となっています。


EVシフト、つまり電気自動車への移行は、自動車産業に大きな影響を与えると考えられています。


環境への影響:

EVは走行時に二酸化炭素を排出しないため、温室効果ガスの削減に貢献し、地球温暖化の抑制に役立ちます。


産業構造の変化:

EVへのシフトは、自動車メーカーに新たなビジネスモデルの採用を促し、電池やモーターなどの新しい部品の需要を生み出します。

一方で、内燃機関車に関連する部品の需要は減少するため、サプライチェーンの再編が必要になるでしょう。


経済への影響:

EVの普及は、新しい雇用機会を創出する可能性がありますが、内燃機関車関連の職種では雇用が減少するかもしれません。


消費者への影響:

EVは、燃料費が低く、メンテナンスが少ないため、消費者にとって経済的な選択肢となり得ます。


エネルギー産業への影響:

電気の需要が増加するため、電力供給の安定性や再生可能エネルギーへの投資が重要になります。


政策への影響:

政府は、EVの普及を促進するために、税制優遇や充電インフラの整備などの政策を実施することが期待されます。


EVシフトは、自動車業界だけでなく、環境、経済、社会全体に多方面で影響を及ぼす重要な動きです。今後もその進展に注目が集まっています。



EVの充電インフラ整備に関しては、日本政府は2035年までに新車販売の100%を電動車(EV、FCV、PHEV、HEV)にする目標を掲げており、そのための充電インフラの整備を進めています。


充電インフラ整備促進指針:

経済産業省は、中長期的に持続可能で利便性の高い充電インフラの整備に向けた指針を策定しました。

この指針には、「ユーザーの利便性向上」「充電事業の自立化・高度化」「社会全体の負担の軽減」という三原則が含まれています。


充電器設置目標の倍増:

政府は、2030年までに15万口だった充電設備の設置目標を30万口に引き上げました。

高速道路では90kW以上、150kWの設置を目指し、高速道路以外でも50kW以上を目安にしています。


補助金と支援策:

充電インフラの整備を支援するために補助金が交付されており、民間事業者や自治体が充電スポットの設置や拡充を行う際の負担を軽減しています。


技術開発と普及啓発活動:

政府は、高速充電技術や省エネルギー化などの次世代充電器技術の開発を支援しています。

また、充電インフラの存在や利用方法についての周知を図るための普及啓発活動も行っています。


地方自治体との連携:

地方自治体と協力して、地域ごとのニーズに合わせた充電インフラ整備が進められています。

これらの取り組みにより、EVの普及を支える充電インフラの整備が進んでおり、今後もその拡充が期待されています。充電インフラの整備は、EVシフトを実現するための重要なステップです。EVの普及とともに、充電インフラの整備も進化し続けることでしょう。



EVシフトに伴う新しいビジネスチャンスは、自動車産業だけでなく、多くの関連産業にも影響を及ぼしています。


エネルギーとの統合:

EVは「エネルギーの端末」として機能し、電力網との連携を通じて新たな価値を生み出す可能性があります。これには、V2G(Vehicle to Grid)技術やバッテリーサービスが含まれます。


データとの連携:

EVは「データの端末」としても機能し、運行データや消費者の行動データを活用した新しいビジネスモデルが考えられます。これにより、ウェアラブルデバイスやスマートホーム、医療、小売との連携が可能になります。


新しい販売モデル:

D2C(Direct to Customer)モデルなど、新しい販売チャネルが開拓されています。これにより、伝統的なディーラーモデルが変化し、OEMが直接顧客に販売するモデルが増えています。


モビリティサービス:

MaaS(Mobility as a Service)の展開により、個人所有から法人所有への移行が進み、新たなサービスモデルが生まれています。これには、カーシェアリングやライドシェアリングが含まれます。


異業種の参入:

EVシフトは異業種からの参入を促し、新たな事業機会を生み出しています。例えば、IT企業がEVを「データの端末」として位置づけ、データを中心としたビジネスを展開することが考えられます。


サプライチェーンの再編:

EV関連の部品や素材の供給者にとっては、新しい事業のチャンスがあります。これには、バッテリー技術や電動モーターなどが含まれます。



これらのビジネスチャンスは、自動車産業のみならず、エネルギー、IT、サービス業界など幅広い分野に影響を与え、新たな市場の創出に寄与しています。EVシフトは、単なる車の電動化を超えて、社会全体のビジネス構造を変革する可能性を秘めています。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page