top of page

9連騰していたナスダック市場が10日ぶりに下落


9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比220.33ドル安の3万3891.94ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇などが嫌気され、前日終値からの下げ幅は一時250ドルを超えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は10営業日ぶりに反落し、128.96ポイント安の1万3521.45。


米FRBのパウエル議長がこの日、政策金利が十分に高い水準に達していると「確信しているわけではない」と発言し、追加利上げへの警戒感が広がったことも売り注文につながった。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエルFRB議長は9日、討論会に参加した。発言要旨は以下の通り。


 *FRBが十分制限的スタンスを達成したとは確信していない


 *さらなる政策引き締めが適切となった場合は躊躇しない


 *われわれは引き続き慎重に動き、会合ごとに決定する


 *成長率の上昇がインフレ鎮静化の進展を弱める可能性があり、金融政策上の対応が必要   となる可能性があるリスクに留意


 *インフレ率は低下したが、依然として目標の2%を大きく上回っている


 *インフレ鎮静化の進展に感謝しているが、まだ「道のりは長い」


 *労働市場は依然タイトだが、よりよい均衡に向かっている


 *今後数四半期のGDP成長率は緩やかになると予想


 *今後のインフレ率鎮静化の大部分は、供給サイドの改善だけでなく金融引き締めからもたらされなければならない可能性


 *FRBは2024年後半に次のフレームワークの見直しを開始する


 *今年の米経済は予想以上に好調、「注目に値する」


 *金融政策はおおむねFRBの期待通りに機能、いくつかの側面では異なる


 *金融政策を超える問題に「迷い込む」ことへの誘惑には中銀が「抵抗すべき」、独立性に対するリスク


 *債券利回りの上昇と金融政策の反応に「直接的な一線」を引くのは困難


 *FRBは債券市場の大幅な引き締まりを「無視するつもりはない」が、現時点で判断する必要はない


 *FRBはさらなる措置が必要かどうかをまだ判断しようとしている、その後、金利をどのくらい長期間維持するかを検討する


 *より大きな過ちは金利を十分高水準にしなかったことにある


 *FRBは制約的な政策のレンジにいる、中立金利が上昇したかどうかの問題にはあまり関心がない



FRBは前回の連邦公開市場委員会で2会合連続となる金利の据え置きを決め、金融市場では利上げ局面が終わったとの見方が出た。パウエル氏の発言は、これをけん制した形だ。


 パウエル氏は「物価上昇率を持続的に(目標の)2%まで下げるには長い道のりがあると予想している」と指摘した。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page