top of page

介護保険


日本は超高齢化社会に突入しており、介護の必要性がますます重要なテーマとなっています。公的介護保険制度だけでなく、民間の介護保険も検討することが大切です。


「介護状態になる確率が低ければ介護保険は不要」なの?


介護保険は、介護にかかる費用に備える保険です。公的介護保険制度と民間の介護保険は、運営主体が異なりますが、目的は同じです。


介護が必要な状態にならなければ、民間の介護保険も公的介護保険制度も必要ありません。

健康な方ほど、介護が必要なリスクを低く考える傾向がありますが、実際には介護が必要になる確率は高いです。


どのくらいの人が、介護が必要になるの?


厚生労働省の調査によれば、65歳以上では約18.4%、75歳以上では約31.9%の方が要支援・要介護認定を受けています。

介護は65歳以上で約5.4人に1人、75歳以上は約3.1人に1人が必要になると言えます。


介護が必要になる原因は?


介護が必要になる原因は、生活習慣病以外にもさまざまです。認知症や高齢による衰弱、骨折・転倒などが主な要因です。


生活習慣病の予防だけでなく、介護のリスクを考慮する必要があります。


要支援・要介護認定者数と平均寿命・健康寿命から考えると?


要支援・要介護認定者数は20年間で約2.6倍に増加しており、介護のリスクは高まっています。

日本の平均寿命は高いですが、健康寿命との差を考慮すると、介護のリスクは高いと言えます。


介護状態になったとしても公的介護保険制度があるから費用はかからない!



公的介護保険制度は一定の費用をカバーしていますが、実費用はかかることもあります。

民間の介護保険は、公的介護保険制度ではカバーできない部分を補完する役割があります。


民間の介護保険の必要性は? ~必要な人と不必要な人~


民間の介護保険は、介護の経済的な負担を軽減し、現金で給付を受けることができます。

介護リスクを考慮し、民間の介護保険を検討することは有効です。



民間の介護保険に加入するメリットは?


民間の介護保険にはいくつかのメリットがあります。以下にいくつかのポイントをご紹介します。


経済的な補完:

公的介護保険制度は一定の費用をカバーしていますが、実際の介護にはさまざまな費用がかかります。民間の介護保険は、公的保険ではカバーされない部分を補完する役割を果たします。例えば、ホームヘルパーや施設利用の費用、自己負担分の補填などが含まれます

現金給付:

民間の介護保険は、現金で給付を受けることができます。これにより、介護にかかるさまざまな費用を柔軟にカバーできます。


選択肢の多様性:

民間の介護保険は、公的介護保険制度とは異なるプランやサービスを提供しています。自分のニーズに合ったプランを選ぶことができます。


早期加入のメリット:

介護が必要になる前に早めに加入しておくことで、保険料が安くなる場合があります。また、早期に加入することで、将来の介護に備えることができます。

要するに、民間の介護保険は、公的介護保険制度と併用することで、より安心して介護に備えることができると言えます。


公的介護保険制度と民間の違い。


公的介護保険制度と民間の介護保険にはいくつかの違いがあります。


1. 加入する人(加入できる人):

公的介護保険:

40歳を迎えると自動的に加入します。自分の意志で加入しない選択肢はありません。

年齢によって支払方法が異なります。

民間介護保険:

20歳からでも加入できます。自分の意志で加入しない選択肢もあります。


2. 利用できる条件:

公的介護保険:

市区町村へ要介護認定の申請を行い、要支援1・2もしくは要介護1~5のいずれかが認定される必要があります。

民間介護保険:

利用条件は商品ごとに異なります。連動型と非連動型、併用型などがあります。


3. 保障の内容:

公的介護保険:

介護サービスそのものが支給されます(現物給付)。

料金の1割から3割を負担し、介護サービスを利用できます。

民間介護保険:

一時金や年金形式で現金を受け取ることができます(現金給付)。

介護一時金や介護年金などが保障の内容に含まれます。



要するに、公的介護保険は介護サービスの現物給付、民間介護保険は介護が必要になったらお金を受け取る仕組みです。両者を併用することで、より安心して介護に備えることができます。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page