top of page

Xが目指すスーパーアプリ化とは



Xが目指すスーパーアプリ化とは、ひとつのアプリで日常生活に必要なさまざまなサービスを提供することです。メッセージやSNS機能だけでなく、決済や金融サービス、ショッピングやエンタメコンテンツなどが統合されています。

イーロン・マスク氏は、Xをスーパーアプリ化させることで、より広範な機能とサービスを提供し、ユーザーの利便性を高めることを目指しています。


スーパーアプリ化の代表例としては、LINEやWeChatがあります。


Xのスーパーアプリ化には、各国の法規制や金融文化への適用、モバイル決済の普及など、多くの課題があります。



イーロン・マスク氏はX(Twitter)の従業員に「ユーザー数10億人を達成するためには、WeChatのようなアプリにする必要がある」と述べるなど、スーパーアプリ化に向けた改革が今後も進められることが予測されます。


イーロン・マスク氏は、世界中で利用される決済アプリ「PayPal」の創業者の一人で、具体的には決済や金融に関するサービスをX(Twitter)に搭載すると言及しています。X(Twitter)上に決済サービスを導入するために必要な知見は十分でしょう。


実際に決済や金融サービスの提供に必要な送金ライセンスを取得するなど、スーパーアプリ化を目指して取り組みを進めています。



Xのスーパーアプリ化への課題


ForbesではX(Twitter)のスーパーアプリ化が成功するかどうかは、ユーザーのモバイル決済の利用率に依存すると報じています。その理由について、WeChatのスーパーアプリ化が成功した要因として、もともと中国でモバイル決済が普及していたことをあげています。実際に中国成人の80%以上がモバイル決済を利用している一方で、米国成人のモバイル決済利用率はわずか33%未満。スーパーアプリ化させるためには、米国のモバイル決済の利用率を上げる必要があると指摘しています。


インプレスでも懐疑的な報道がされています。X(Twitter)がスーパーアプリ化するためには、各国の法規制や金融文化へ適用すること、いわゆる“ローカライズ”することが重要であると伝えています。ただ、ローカライズした金融プラットフォームをX(Twitter)単体で構築するには時間がかかりすぎてしまい、運営資金が尽きる可能性があるとも述べています。


イーロン・マスク氏はX(Twitter)のスーパーアプリ化について具体的な方針を示していませんが、決済・金融サービスの導入をはじめ今後もさまざまな改革が実施されるでしょう。

一方でモバイル決済の普及率や金融プラットフォームの構築などにおいて課題が残っており、WeChatのようなスーパーアプリ化の実現は難しいという意見もあります。


とはいえX(Twitter)がスーパーアプリ化すれば、より多くのユーザーに情報を届けられる可能性があるはずです。SNSを活用してマーケティング活動に取り組んでいる方は、今後もその動向に注目しておくべきでしょう。




Xが個人送金の機能を拡充するメリットとデメリット


メリット

Xは通信から決済機能まで備えたスーパーアプリ化を目指しており、利用者の利便性と商取引の新たな機会を解き放つ。

Xは動画機能の強化、AI検索アシスタント「Grok」の開発や音声・動画通話の導入などを行っており、個人間送金はその一環としてアプリの魅力を高め、利用者の拡大を図る。

Xはオーナーのイーロン・マスク氏の下で幅広い機能を持つ万能アプリを目指しており、特に金融分野に注力している。


デメリット

Xは個人間送金の仕組みや、具体的な開始時期については明らかにしていない。そのため、実際に利用できるかどうか、どのような手数料や制限があるかなどは不明である。

Xは個人間送金によって、アプリ上での物品やサービスの売買を促すが、その際に発生するトラブルや紛争に対する対応や責任はどのようになるのか、利用者の安全や信頼をどのように確保するのかなどは不明である。

Xは個人間送金によって、利用者の個人情報や金融情報を収集する可能性があるが、その情報の管理や保護、利用目的や第三者提供などに関するプライバシーポリシーはどのようになるのか、利用者の権利や選択肢はどのようになるのかなどは不明である。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page