top of page

クリスマスラリー


クリスマスラリーとは、株式市場が12月下旬に上昇する現象のことです。この現象は、消費者の支出が増えたり、投資家の心理が明るくなったりすることによって起こると言われています。


クリスマスラリーの起源は、明確には分かっていませんが、いくつかの説があります。一つは、12月末になると、税金やボーナスなどの影響で、投資家が株を買い増すからだという説です。 もう一つは、12月には多くの祝日があり、株式市場が休みになる日が多いため、取引量が減り、株価が上昇しやすくなるからだという説です。 さらに、クリスマスの雰囲気や年末の感慨によって、投資家の気分が高揚し、株式市場にも好影響が及ぶからだという説もあります。


クリスマスラリーは、主に欧米の株式市場で見られる現象ですが、日本の株式市場にも影響を与えることがあります。特に、米国株の動きに連動する日本株は、クリスマスラリーの恩恵を受けやすいと言えます。 しかし、クリスマスラリーは毎年起こるとは限らず、経済情勢や政治情勢などの要因によって、株価が下落することもあります。



クリスマスラリーは、株式市場において、次のような影響を与える可能性があります。


株価の上昇により、投資家の資産価値が高まり、消費や投資に対する信頼感が強まる。これは、経済活動にも好影響を及ぼすと考えられる。


株価の上昇により、企業の資金調達コストが低下し、事業拡大や設備投資に有利になる。これは、経済成長にも寄与すると考えられる。


株価の上昇により、株式市場の活況感が高まり、新規上場やM&Aなどの市場活性化が促進される。これは、イノベーションや産業再編にも貢献すると考えられる。


ただし、クリスマスラリーは、あくまで経験的に観測できるマーケットの規則性であり、毎年必ず発生するとは限りません。また、クリスマスラリーによる株価の上昇は、短期的なものであり、長期的な株価の動向には必ずしも影響しないという点にも注意が必要です。



東洋経済オンラインによると、クリスマスラリーの条件は、主要な株価指数が年初来高値を更新することだと言っています。そして、米国株はその条件をほとんど満たしており、クリスマスラリーの可能性が高いと考えられています。一方、日本株は、日経平均株価は年初来高値に近いものの、グロース株が出遅れていると指摘しています。しかし、米国株の動きに同調する可能性や、利益の改善によるPERの低下など、日本株にも上昇要因があると述べています。


日本経済新聞社によると、日経平均株価は11月に入って2500円ほど上昇し、前日には7月3日の年初来高値を一時上回るなど、急ピッチな上昇を見せた。しかし、移動平均線からの乖離率や予想PERの水準など、上値を抑える要因もあると分析しています。それでも、相場の下値は堅く、海外勢は米インフレ鈍化による消費拡大に期待し、クリスマスラリーに照準を合わせているという見方もあると伝えています。


クリスマスラリーは実際に存在するかは過去のデータでは、過去10年間の日経平均株価の動きを調べたところ、12月に株価が上昇した回数は7回で、下落した回数は3回でした。しかし、大幅に下落している年もあるため、注意も必要です。



以上の情報から、今年はクリスマスラリーが来る可能性は高いと言えるでしょう。ただし、市場の動きは予測できない部分もありますので、過度な期待はせずに、冷静な判断をすることが大切です。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page