top of page

靴磨きの少年


「靴磨きの少年」の話は、株式市場の天井や暴落を予測するための有名な逸話です。この話の主人公は、米国大統領ジョン・F・ケネディの父親であるジョセフ・P・ケネディ氏です。


ある日、ケネディ氏がウォール街で靴磨きの少年に靴を磨いてもらった際、その少年から「〇〇の株は上がるよ」「〇〇買えば儲かるよ」という話を聞きました。この出来事から、ケネディ氏は市場が過熱していると察知し、保有していた株を全て売却しました。その結果、大恐慌の始まりである「暗黒の木曜日」を避けることができたとされています。


この話のポイントは、なぜケネディ氏が靴磨きの少年からの話だけで株の売却を決めたのか、そしてなぜ市場の大暴落を見事に避けることができたのか、という2点です。多くの人は、靴磨きの少年からの話を聞いただけでは、「子どもが株式投資の話をするくらい世間は盛り上がっている」としか思わないでしょう。しかし、ケネディ氏は「靴磨きの少年が株式投資の話をしたこと」から、株式市場の天井を察知することができたのです。


この話は、市場の天井や暴落する前のサインとして有名な比喩です。ポイントは、金融情報の最先端であるウォール街のサラリーマンやトレーダーの話ではなく、最後に情報が伝わる子どもの話、という点です。投資を行えるほどの資金や知識を持っているはずのない人、しかも少年が株式投資の話をし出した、という点が重要になります。


この話は、作り話か実話か分かりませんが、ケネディ氏の頭の回転の良さも際立つ話です。また、靴磨きの少年のような話は、他にも存在します。靴磨きの少年を含め、こういった話は事実でもありネタ話でもあると紹介されることが多いのですが、歴史的に見ても株式市場が盛り上がりを見せた後に急落や暴落がやってくることが多いのは事実です。そのため、ネタ話として捉えつつも投資の参考にしてみるのは良いかもしれません。



株式市場を予測するため方法。


テクニカル分析


テクニカル分析:株価のチャートやグラフを分析し、株価のトレンドやパターンを把握し、将来の動向を予測します。移動平均線や相対力指数(RSI)などのテクニカル指標を用いて、株価の上昇や下落の可能性を判断します。


ファンダメンタル分析


ファンダメンタル分析:企業の業績や財務状況、産業の動向などを分析し、株価の適正価格を評価します。企業の収益性や成長性、競合他社との比較などを考慮して、株価の上昇や下落の可能性を予測します。


AIを活用した予測モデル:AIは大量のデータを学習し、パターンや傾向を把握します。過去の株価データや企業の財務情報などを学習させ、将来の株価を予測します。


アナリスト予想:専門家が収益、利益、キャッシュフローなどの財務データや、業界トレンド、競合他社の動向などを総合的に考慮して行います。投資家はこれらの予想を参考にして、企業の評価や将来の株価動向を予測します。


これらの手法はそれぞれ異なる視点から株価を予測しますが、どの手法も100%の正確性を保証するものではありません。市場の動向は多くの要素に影響を受け、それらの要素は常に変化しています。そのため、複数の手法を組み合わせて使用し、慎重な判断を行うことが重要です。



AIを活用した株価予測モデルは、大量の過去のデータを学習し、そのパターンや傾向を把握することで、将来の株価を予測します。以下に、AIを活用した株価予測モデルの主な特徴をご紹介します:


過去のデータの収集と分析:AIは過去の株価データや企業の財務情報などを学習します。これらのデータをもとに、株価が上がるのか、それとも下がるのかといった予測を行います。


学習の繰り返し:AIは常に学習(過去のデータ収集)を繰り返します。その学習データが蓄積されていくほど、より高い精度で予測を行える可能性が高まります。


自動取引:一部のAIは、予測だけでなく、自動で取引まで行うものもあります。


メリットとデメリット:

AIによる株価予測にはメリットだけでなくデメリットも存在します。メリットとしては、知識や経験の浅い人でも投資すべき銘柄をAIが選択してくれる点や、手数料を抑えられる点が挙げられます。一方、デメリットとしては、自分自身で銘柄の選択を行う場合と比べて手数料が高額になることや、利益が少なくなる傾向にあることが挙げられます。


高精度な予測モデル:最近では、高い的中率を叩き出しているAI株価予測サービスも登場しています。その一つが「Phantom株価予報AIエンジン」で、過去1年間の日経225銘柄でテストした際には、驚異の「的中率80%以上」という結果を残しました。


これらの特徴を持つAIを活用した株価予測モデルは、投資家がより堅実に資産を構築していくための手段の一つとして、有効に活用されています。ただし、どの手法も100%の正確性を保証するものではないため、投資に関しては自己責任で行う必要があります。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page