top of page

1月に入って上昇している株式相場の原因につい


1月22日前場引け現在、日経平均株価は3万6375円566銭で前引けを更新しました。米国ではダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数が最高値を更新しています。


1月は、一般的に株式相場が上昇しやすい月とされています。これは、「1月効果」と呼ばれるアノマリーがあるからです。。機関投資家や個人投資家が年末年始のリスクオフで落としたポジションを1月に買い戻したり、節税目的で売却しておいた分を買い戻したり(タックス・ロス・セリング効果)、といった影影響で上昇しやすいのです。


特に小型株は、「1月効果」が強く現れる傾向があります。これは、小型株ほど顕著にその影響が反映されるからだと考えられます。

また、1月は新NISAという新しい投資制度がスタートすることも、株式相場の上昇要因となっています。この制度を利用することで、長期的な資産形成や節税対策を行うことができます。


さらに、海外マネーの流入も観測されています。米国ではインフレ圧力が高まっており、金利上昇や円高への懸念が高まっています。これは日本株に対するヘッジ需要を高める可能性があります。


新NISAとは、2024年1月から始まる新しい少額投資非課税制度のことです。この制度では、最大限度額が1,800万円に拡大され、非課税期間が無期限になります。また、売却した場合、NISA枠が復活するという特徴もあります。


新NISAが国内株式市場に与える影影響については、、様々な見解があります。一部の専門家や投資家は、新NISAの導入によって日本株への需要が増えると予測しています。例えば、SMBC日興証券では、新型NISA経由の投資が政府目目標に沿った形で増えた場合、現在の同証NISA顧客の保有有状況に基づき国内株33%、株式投信9%で試算すると、日本株市場に年間2兆円の買い需要が発生するとみています。


しかし、他の専門家や投資家は、新NISAの影影響は限定的であると考えています。例えば、「家計の金金融行動」」誌では、「新NISAで日本株が上昇?貯貯蓄から投資の市場への影影響を解説」という記事を掲掲載しています。この記事では、「新NISAで日本株が上昇するかどうかは、下支え効果は期待できるが上昇をけん引するほどではない」と述べています。その理由として、「近年の日本の投資家行動には過去数十年なかった変化の兆しが表れてきており、、構造的的転換となれば日本株における個人投資家の存在感が増していくきっかけになるかもしれない」と指摘しています。


また、「ヘッジガイド」では、「新NISAで日本株が上昇?貯貯蓄から投資の市場への影影響を解説」という記事を掲掲載しています。この記事では、「現在も個人投資家は少額からでも株式市場へ進出しており、特にインデックスファンドやETFなど低コスト・高分散性・長期運用性を重視する商品へ興味を示している」と述べています。その理由として、「デフレから抜け出すためにインフレ率を上回るリターンを求める傾向や中国リスクへ対抗するために海外市場へ進出する動き」などを挙げています。



海外マネーの流入が増加する理由


日本にユニコーンがあるのが、ようやく知られてきた

英語でコミュニケーションできる優秀な人材が増えた

新NISAや米国株式投資などの新しい投資制度や商品が登場した


まず、日本にユニコーンがあるということは、日本のスタートアップ企業が高い成長性や収益性を持ち、海外からも注目されているということです。特にメルカリやSansanなどの大型株式上場企業は、2021年に上場時に海外外機関投資家の引受比率が高くなりました。これは、日本のスタートアップ企業が世界的な競争力を持っていることを示しています。


次に、英語でコミュニケーションできる優秀な人材が増えたということは、海外投資家と日本企業やスタートアップ企業との交渉や契約を円滑に行うことができるようになったということです。特にCFOポジションに外資系投資資銀行出身者や上場企業でIRを担当していたような人材が増えており、IPO前後に海外投資家としっかりと話せる人が増えています。これは、日本企業やスタートアップ企業の信用力やや魅力を高めることにつながります。


最後に、新NISAや米国株式投資などの新しい投資制度や商品が登場したということは、海外マネーの流入を促進する要因だったと考えられます。この制度を利用することで、長期的な資産形成や節税対策を行うことができます。また、米国株式投資では、「インフレ圧力」や「金利上昇」への対応策として、「世界厳選株式オープン<<為替ヘッジなし>(毎月決算型)<愛称:世界のベスト>」 などのファンドへの出資が増えました。これらは、「成長」「配当」「割安」の3つの観点から厳選された株式を含むファンドです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page